屋外掲示板を設置するまでの流れ

ある町内会での会合の後。『そうだ、町内会用の掲示板を立てよう』 と、ケイジさんは考えたのです。

掲示板がここにあったら・・・
町内会の掲示板があったら便利だよね・・・

屋外掲示板は、屋外に設置できる告知板スペースです。
イベントのお知らせや、各種告知事項など、みんなで共有できる便利な情報板。
屋外設置という事で、自宅の敷地以外であれば許可が必要だったり、設置には業者さんへの依頼も必要になります。ここでは大まかな流れについて見ていきましょう!

掲示板、どこに設置する?

掲示板を地面に立てるのか、壁に設置するかによって、足(支柱)つきの自立掲示板または、壁付掲示板(足なし)に分かれます。
壁面につけるのであれば、掲示板の重量を支える十分な強度があるか確認しましょう。
地面に立てるのなら地面に埋め込む工事が必要です。地面の状態によっては機械が必要だったりと、工事内容(工事費用)も変わってきます。

掲示板設置の許可をもらいましょう!

場所の候補が決まったら、掲示板の設置が可能かどうかを確認しましょう。自分の家の敷地なら問題ないのですが、屋外という事で、許可をとることが必須になります。
屋外掲示板を地面に立てるなら、その土地の持ち主に。
壁面に取り付けるなら、壁(建物)の持ち主に、設置許可をもらいましょう。
きちんと確認せずに設置して、後々のトラブルになりませんように…!

サイズはどのくらいがいい?

壁面であれば、取り付ける場所によって、およそ設置可能なサイズがイメージできます。
自立型の場合は、掲示物はどんなサイズを何枚くらい貼りたいのか?
だいたいの希望サイズを出しておくと、選択時にスムーズです。

どれにする?・・・希望の屋外掲示板を決める

自立か壁付か、また、掲示板の大体のサイズを決めておくと、ご予算によっての選択がスムーズになります。

施工業者さんを探す(決まっていない場合)

施工をお願いする業者さんは、『設置場所に近い』、工務店さんや、看板屋さんがおすすめです。町内会内で、該当の業種の方がいらっしゃればベストですね!
掲示板の情報と設置場所を伝えて、設置工事の可否と、お見積を依頼してください。
※照明つきの掲示板の場合は、電気工事士による工事が必要です。掲示板の資料を取り寄せて、一緒に確認するようにしましょう。

屋外掲示板本体を注文手配

掲示板本体を注文します。必要納期を確認の上、施工日を業者さんとご相談いただき、掲示板の必要納期以降で、受取希望日を指定しましょう。
【ポイント】配送がずれこむ可能性を考慮して、施工日の1日前などの指定がおすすめです。

掲示板納品~設置施工

掲示板本体が到着! 設置工事が完了すれば、町内会用掲示板、活用開始です!

イメージ通りの掲示板ができた!

コメント